2006年04月

いきあたりばったりでも、いいやん

   
太陽大型GWの天気はおおむね良好との事。

    小生は、明日、明後日と出勤すれば5連休に突入でございます。音符

    皆様は、いかがなもんでしょうか?

       え?    9連休?

     聞きたくありません。。。落ち込み



   ダッシュいよいよバイクのシーズン。 久しぶりに始動いたしました。

   取り敢えず、どこかぶらりと行こかいな、という事で、特に目的は無いんやけど、

   岡山県津山市へ行ってきました。(通り過ぎるだけで、行ったこと無かったもんで)

   中国自動車道の津山ICを降りてから、市内をふらふら30分くらい流して、

   とんぼ返りで再び津山ICに入る。

   何しに行ったのか、、、ただ走っただけ、せやけど今日はそれだけで良かったんです。

 
img20060430.jpg

  高速道路の往復やったんで、他のライダーとの接触はあまり無くて残念やったけど、

  山つつじの咲く山並みは、走っていて気持ちが良かったです。OK

  (ほんまは山陽自動車道沿いの山つつじが、もっときれいやねんけどねウインク





img20060430_1.jpg
  帰りに立ち寄った勝央SAで昼食。

  「武蔵そば定食」900円也。

  ごぼう、白ねぎ、鴨肉(たぶん)の入ったそばと、

  黒豆入りの赤飯と、

  三種類の田楽(こんにゃく、大根、タケノコ)

  & ぬるいお茶悲しい

   
   うまかったんやけど、なんで武蔵なのかがよくわかりませんでしたね。

   (お茶が熱いか冷たいかはっきりしてたら、ご機嫌で聞いてたかも)



  びっくりそれはそうと、津山と言えば、B'z稲葉浩志の実家「イナバ化粧品」へ行くべきでした。

  いや、見つけたら行くつもりやったんやけど、津山市内をうろうろしてる内に、

  「ええわ、また今度にしよう」って思って、、、、、

      おい、おい、お気楽すぎないかい。。。高速道路はただじゃ無いのよ汗

      高速道路のご利用は、計画的に。。。ドキドキ小

      パソコンさっきネットで調べたら、すぐ近く通ってましたがな。。。悲しい




    PS. ブログ名を 「気分屋ジンは、今日ものんびり、きまぐれ」 に変えようか。。。

       そういえば、以前にもブログ改名しようかって思ったことあったなあ。笑顔



飲みます!飲みます!(坂上二郎)



   ビル我が社では、毎年花見の頃は場所取りなんかして大宴会なんですけど、

   今年は各位色々と忙しく時間が合わないまま、

   あっという間に花見シーズンは過ぎ去ってしまい、気がつけば、桜は散り放題。。。悲しい

   せやかて、別にかまいません。。。もともと飲んべの我々に桜は無用。。。

   花が無くても飲めます、会社の屋上で宴会しましょう、てなもんで、、、番外編

   本日は、テニス部とハイキング部の合同宴会となりました。。。クラッカー

      (小生はハイキング部所属、元部長。。朝日


   ほとんど活動の無いテニス部と、ほとんど歩かないハイキング部の

     夢のコラボレ~ション拍手




   出張寿司屋さんを呼んでの即席屋台で、トロやらウニやらイクラやらなんやらかんやら、、、

   ネタはぎょうさん用意してきはりました。img20060429_1.jpg

   「おいしいですよねえ。。。ハート」と問いかける後輩たちに

   「おお、うまいなあ。。。」と答える小生。。。。

   すまん。。

   ほんまは、もっとうまい店が、、、

   ごっついうんまい、小生の行き着けの寿司屋があるんやでぇ。。。キラキラ


   なんて思いながらも小生は、

   人一倍ぎょうさん食ってしまいましたとさ。。。(トロ、ウニ、トロ、ウニ、、イクラ、ウニ、ウニ。。。)


    丸秘いや、ほんま、 一人で静かに飲みたい店って、みんな一軒は持ってるもんね。。。ラブ





   PS. いつもは行き着けの寿司屋の寿司を行き着けの居酒屋に持って行くんやけど、

      今日はいつもと違う寿司を土産に、行き着けの居酒屋に持って行ったので、

      小生は少し新鮮な気持ちになりました。いつもと違うし、、どう?どう?

      しかしながら、行き着けの居酒屋の反応は、予想通り、

      「やはりいつもの寿司の方がおいしい。。」、でございました。

      そんなことは重々わかってはおりますが、あんた、、、冷静すぎます。。。困った

          慣れと贅沢は敵でございます。。。。ね  落ち込み



弓の道

   

   雲昨日は、弓道の試合を観戦しました。

      朝9:00から夕方6:00まで。。。。。長!(ジョッキ合間に缶ビール2本だけ入りましたあ!ジョッキ

       参加者は男女総勢で約250名。

       男女別々3~5名くらいのグループに分かれて1回に1人4本の矢を射る事3回、

       計12回射って点数を争います。

img20060423.jpg


       28メートル先の的に向かって射る近的競技。 (遠的競技も有ります)

       もちろん、的に当てた回数が多いもんがいいんですよ。


       1回の内に、すべて的に中てる事を「皆中(かいちゅう)」といいますが、

       今回は女子の一人だけが、3回とも皆中、つまり12回すべて的に中てはりました。

       すばらしい。。。びっくり祝

img20060424.jpg


       もちろん、その女子が個人優勝拍手 おめでとう拍手

       団体戦は、応援してたチームが優勝、準優勝でした。やったあ~クラッカーおめでとう拍手





   PS.  キラキラ弓道の美しさに見とれているうち、しまいには、

         「あ、あたしを射抜いて!」みたいな感じになってる小生がおりました。。。ラブ 

                         あぶ、、困った





お茶と竹の関係

 

汗 「ああ、お茶が飲みたい~。。。」と思った先日の一人山歩き。。。


     というわけで、
   
      SUNTORYの「伊右衛門」。

         お気に入りのお茶です。

img20060419.jpg

   味はまろやかな感じの甘味とでもいいましょうか、小生の好みハート

   ペットボトルに巻いたフイルムの色は、

   落ち着いた抹茶色で、小生の好みハート

   ペットボトルの形も変わっていて持ちやすい、小生の好みハート

   コスト削減なんでしょか、その薄っぺらいペットボトルは新鮮ハート

       色気を感じるほどでございます。。。ハート



  はてな先日ふと、「お茶やのに、なんで竹の形なんやろ?」 と思うことがありました。

   ネットで調べるとちゃんと製作秘話なるものがSUNTORYのHPに載っとりました。

  以下抜粋。


《竹筒型ボトル開発秘話》
「本物のお茶をより深く、より心地よく味わっていただける形を求めて、追求した先にあったのは、日本人の心と手に最もなじむ、竹筒の形でした。こだわり抜いたお茶を飲んでいただくのだから、入れものにもこだわり、本物のお茶をより深く、より心地よく味わっていただきたい。そして、そのお茶を飲んでいる間は、ほんの少しでも日常とは違う時間を味わっていただきたい─そうして考えたすえ、たどりついたのが竹筒の形でした。竹は、住宅や道具としてだけでなく、器や水筒としても古来より日本人に親しまれ日本人の心と深いところで繋がっているようかのように、安らぎや懐かしさを感じさせてくれます。しっとりと手になじみどこか懐かしい。本物のお茶をより深く味わうための、こだわりの入れものです。」


   本物のお茶がいかなるものか、もひとつよくわかっておりませんが、

   その本物のお茶が入ったこだわりのボトルに惚れた者がここに一人おるわけです。

   そして、やはり小生は生粋の日本人だったんですね。。。国旗

   「ワスレテタヨ、ボク。。」






   PS. SUNTORY「伊右衛門」に対抗しているのか、img20060420.jpg

      KIRIN「笹とお茶」が発売されました。

      なんだか、マイケルのあとに出てきた

      パッション屋良を見た時の衝撃にも似た衝撃。。。ロケット

      竹の節をひとつ増やしたん?、なんだか持ちにくいし。

      味は。。。小生の好みでは無く、もひとつでした。。。



        それじゃあ、今日はこれくらいで、、、おしまいける音符

     

     
   
   

花よりお茶

 
  ■さて、昨日予告していた花見の話。

    以前、紅葉の時期にトンネルを抜けて歩いた廃線ハイキングコース

    その途中に桜の名所なるところが在ります。

    今回は、ふらっと電車を下りて一人花見の散歩であります。

    なんにも考えずに「あっ、そや、桜がきれいやて言うてたなあ。。。見に行こ。」

    てなもんで、山に入って行ったもんやから、、、ふ~、きつかったあ。。。。汗

    廃線ハイキングコースから外れて、山へ入って行くんやけど、

   汗結構きつい勾配で、お気に入りのウォーキングシューズが、、、

              ピッタリフィットのはずのウォーキングシューズが、、、

       脱げそうになりながらの2時間でした。。。足跡

   そして、お茶飲みたい、お茶飲みたい思いながらの2時間でした。

     (「ウォーキングシューズは登山靴では無い」に今頃気づきました。)


    山の空気はとてもおいしかったんやけど、(お茶が有ったらもっとおいしかったろうに)

    期待の桜は少し散っていて、イマイチでしたな。悲しい



     駅前の桜の方が、いい感じでござました。

img20060417.jpg




  

   PS. 険しくも静かな山道に聞こえるのは、 

         川のせせらぎ、小鳥のさえずり、小生の荒い息だけでした。

                う~ん、癒される落ち込み


livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ