2007年11月

モーテル

  
     ムービー B'zの名曲「MOTEL」

        最近は歌っていませんが、実は小生の十八番なのであります。マイク 

        あのメロディーライン譜面  うきゃ?、しびれるう?ラブimg20071226.jpg

        そんな曲名をおパクりあそばせた映画、(パクッてないって)




            「モーテル」



    
     サル 原題は「vavancy」 この場合は「空き室」でいいでしょう。

       登場人物はビデオ中の人を除けば、かなり少ないほうです。

       (このビデオは怖い。。。汗

       破局間際の夫婦と、モーテルの管理人、警官、そして危ない仲間たち。
       
       えげつない場面はほとんどないけど、ハラハラドキドキする展開に疲れます。

       小生の好きな展開で進んでまいりますが、逃げる気になればもう少し

       なんとかなるんではないでしょうか? お二人さん。

       実際この状況に出くわしたら、普通じゃいられないかもしれませんけど。。。

       (なんせ、観てるこちら側は「そのモーテルあぶないよう」ってわかってるし)

       コアなホラーファンには物足りないかも知れませんが、

       小生はかなり楽しめました。。。(物足りなさは確かにありましたけど。。。ラストなんか)
               
       
       それにしても、ケイト・ベッキンセールがええわあ?。。。好みラブ

       「ヴァン・ヘルシング」のお姫さん役?なんか最高でした。

       「click」の奥さん役もきれいで良かったですハート

       「アンダーワールド」は。。。。。ノーコメント笑顔



バタフライエフェクト2

  

    ムービー 人生は一度きりだからみんな一生懸命生きているのです。

       その人生をやり直せるとしたら?

       それも、やってみなくちゃわからないやり直し。。。file0119.jpg

  


            「バタフライエフェクト2」  




    サル どうして2作目を作ったのでしょうか? 

       いえ、よく作る気になりましたね。感心してしまいます。困った

       1作目は主人公のみならず取り巻きの人物も良く描かれていて

       へたこくとわかりにくくなる物語をすごくわかりやすくまとめてくれていました。

       本作は、お話しはペラペラで登場人物たちもまったく魅力がありません。

       誰一人として。。。


       確かに「切ないラストシーン」に嘘偽りは無かったようですね。。。困った

       パート2を世に送り出したセンスのなさに、ひしひしと切なさを感じました。落ち込み  



       

  

1303号室

  

   ムービー ハリウッド進出していった「リング」「呪怨」に続けとばかりに

      少しばかりブームに乗り遅れた感じの公開ですね。file0121.jpg





                「1303号室」





     サル 結論から言いますと、

        主演の中越典子がとてもがんばっていた映画でした。

        それ以外これといって良いところが見当たらない。落ち込み

        悪くないんですけど、良くもない。。。

        映画を観てからこの小説を読んだんですが、

        やはり小説の方が怖くて、悲しかったですね。

        映画は小説が伝えたかったことの半分も出し切れてない感じがしました。

         (多くの映画がそうなんですけれども)

    
        呪う側の「幸世」も「貞子」や「伽椰子」ほどのインパクトが無かったのが残念です。

        「ああ、そうなんや、だから呪うんや」ってわかればいいってもんじゃありません。
     
        そこが一番重要なんやから、そこにもっと時間と金をかけなければ。。。

        ラストシーン、主人公がベランダの柵にぶらさがり、すったもんだしている場面。

        これももう少し何とかならなかったんでしょうか、特撮。。。

        高いところにぶらさがってますで~って無理に変な特撮で見せるくらいなら、

        もっと他に手段があったと思うんです。小生ならそうします。

        張り詰めた気持ちが、ぷつ~んって切れてしまいました。

        映画スタッフの力不足がすべてだと思っています。


        でもね、「リング」や「呪怨」より先の映画だったら、

        間違いなく、怖い映画になってたと思いますよ。ウインク


     
     PS.  小説の「リング」を読んだときはほんまに夜寝るのが怖いくらいでした。困った

         よく映画化できたなとも、思いました。

         映画はヒットしましたが、決して良い出来だったとは思ってません。

         でも、「貞子」の登場シーンだけは心に強く残る衝撃シーンとなっています。OK


     
  

  

ブラザーサンタ

  
    ムービー 当たったのはいいけど、あんまり興味ない映画やし、電車代かかるしなあ、

       と思いながらも、せっかくやからと観に行きました。file0120.jpg




             「ブラザーサンタ」




    サル小生もともとサンタクロースがあまり好きではなかったのですが、

      この映画を見て人間臭いところに好感度UPいたしました。

      彼は彼なりにとても苦労しているのですよね。

      ストレスで太ってしまうのもわかりますとも。。。(クッキーの食べすぎもね)

      彼は決して聖人君子などでは無いのです。

      良き息子でありたいと思い、良き夫でありたいと思い、良き弟でありたいと思い、

      そして良きサンタさんでもありたいと頑張る、普通の人なんですね。

  
      原題は「Fred claus」

      サンタクロース(ポール・ジアマッティ)の兄フレッド(ビンス・ボーン)が主人公なんです。。。

      いい俳優ですね。

      また、脇を固める俳優たちがいいですね。。。

      レイチェル・ワイズ、キャシー・ベイツ、ケビン・スペイシー。

      超豪華キャストで感動の一編でありました。

      
      そうそう、言い忘れてたけど超豪華キャストはまだまだいました。

      シルベスター・スタローンの兄、クリントン元大統領の兄、アレック・ボールドウィンの兄

      彼らが偉大な弟を持つ重圧について語り合う場面は大笑い。(すべて本人出演)

      サンタクロースを弟に持つよりもプレッシャーかかってるかも。。。笑顔

      

  
  

あっちのジェイソンより強いかも

 
    「アイデンティティー」

        「スプレマシー」

           「アルティメイタム」


  ムービーマイナー英単語の勉強になります。さんく・ゆーOK

    それも最後になってしまったのですね。。。悲しいfile0122.jpg





        「ボーン・アルティメイタム」




    サル もう、すごいわ、このシリーズは!

       もともと映画化は不可能などと言われていた小説、(よく聞きますね)

       無理やりにでもよくぞ作ってくれました。

       そして、役作りに心血注いだマット・デイモン、ありがとうございます。

       クールで圧倒的に強いジェイソン・ボーンの苦悩が今回も全編漂っています。

       それにしてもアクションシーンは目まぐるしい手振れシーンの連続で

       眼が疲れました。最近こういうのが主流なんで困ります。。。

       暗殺者との戦いなんかもう何がなんだか、すんごいどつきあいで

       NGシーンが混じっててもわかりませんがな。。。困った


       これまた、小説読まずには終われないやろうけど、全9巻、長い~。

  


      ブタ  「これ、どんな映画あ~、、アクションものお~?これ観てみるう~?」

      サル  「。。。。。汗

            ポップコーン持ったお嬢さんがた。。。

            もう手遅れかとは思いますが、この映画はこれだけ観たら、ダメですよ。

            「アイデンティティー」から順番に観てくださいね、寅さんじゃないんだから。。。

            う○ちをしてから、紙で拭くでしょ?

            君たちの行為は、紙で拭いてから、う○ちするようなもんなのよ。。。悲しい

               ま、ちょっと言いすぎやけど。。。ウインク




  

  
プロフィール

drecom_jinhit1105

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ