img20061022.jpg

   下りは滑り台にすればもっと流行るのにと思いながら、 

   急ならせん階段をひざをカクカクしながら下りていきます。






   ここから遊歩道をしばらく進むとウミネコの繁殖地「経島(ふみしま)」が見えてきました。

img20061022_1.jpg


  国の天然記念物で一般の人が踏み入ることは出来ませぬ。

  「みゃ~みゃ~」とウミネコが飛び回るのは5~6月くらいの繁殖期だけ。

  だから今頃は何もいないので、さみしい。。。

  島のあちこちに白いものがみえまする。   「うんち?」。。。

  違うよね?    なんだか、さみしい。。。

  

  駐車場までの道中では、地元海産物には目もくれず、小さな木工芸屋で買い物を。

  父上は孫に汽車ぽっぽ、母上はワーゲンを、小生はバイクを。。。

  皆、日御碕とは全然関係の無い代物。。。思い出入らずの一行でありました。


  ここからは宍道湖沿いに一気に松江まで戻り、大根島へ。

  松江と境港を結ぶように中海に浮かんでいる島。

  その島にある高麗人参とぼたんの里、広い庭園を見れる「由志園」へと向かいます。

img20061022_2.jpg


 駐車場に着くとなんだかホームセンターかよってな感じの

  園芸屋さんみたいな雰囲気。。。

  こんなところに日本庭園あるの?

  道を渡った所にありました、入り口が。  わかりにく。落ち込み

  600円也の入場券を払いまして矢印に従って進んでいきます。



  「おお~、きれいやし、広いやんかあ。。。」

img20061022_3.jpg


  「手入れするだけでも大変やわ。。。」

img20061022_4.jpg


  「外人さん喜ぶで、外人さん。。。」

img20061022_5.jpg


  
  そんな感じの感想しか出ませんでしたが、たいそうりっぱな日本庭園でございました。

img20061022_6.jpg




      さて、出雲の国の旅もこれで終了。

      ほぼ計画通りに進行できたことに満足。

      内容も充実。。晴天にも恵まれた良き旅となりました。音符

      しょっぱなの違反切符を除いて。。。悲しい


            取り敢えずは、、「だんだんね。。。!ラブ




                                       つづく。。。




   PS.    
        カエル 「ぐえ? どうして終わったのにまだつづくの?」
     
        ブタ 「出雲の国は出たけど、おうちに帰るまでは遠足っていうでしょ。」

        カエル 「ぐえ? 何かあったの?また切符切られたの?」

        ブタ 「。。。。。。そんなわけないでしょ怒 ぶひ怒