ムービー こんなに愛しても、まだ足りない。。。2.jpg




           「変態村」


   

   メモ 主人公の若い男、マルクは売れないシンガー。

      ある日、巡業の移動中に彼が車の故障で困っているところ、

      一夜の宿を提供してくれたのが、初老の男バルテル。

      夕食時、元コメディアンだと名乗るバルテルは昔を懐かしむように

      おもしろくもないジョークをマルクに披露する。。。

      その代わりだと言って、歌を聞かせてくれと執拗に詰め寄るバルテル。

      怪訝に思いながらもアカペラで歌を披露するマルク。。。

      しかしバルテルの目にはもうマルクの姿は映ってはいなかったのです。。。

      

   

   サル もう、この題名からして素通りする事は許されませぬ。遅れ馳せながら観ました。

       名も無い村に迷い込んだ若者に降り注ぐ不条理な仕打ち。

       皆が怪しい、、、まさに変態村。。。困った

       残酷な描写はほとんど無いんやけど、こわいんです。

       なんでこんなに変態度の高い村が存在するのか、理由が明かされないのが、

       これまたこわい。。。

       もう知らない土地には近づきませ~ん。。。すいません

       
   
       本 原題は仏語で「CALVAIRE」

          翻訳すると、「殉教」と出てきました。キリストの磔に関係あるんでしょうか?

          そんな場面も出てきます。

          う~ん、それにしてもこの邦画タイトルは「変態村」で正解ですな。。。拍手

          せやなかったら、観てないかも。。。ウインク