飛行機 日本を飛び出て、7時間。。。

       飛行機の中で買ったばかりの「グッド・シェパード」を読もうと思っていたんやけど、

       映画の誘惑には敵いませんでした。。。1408_posterbig.jpg


       ムービー そんな飛行機の中で観た映画は、




                 「1408」




   サル ニューヨークのドルフィンホテル1408号室。

      その部屋の宿泊者はすべて自ら命を絶っています。

      主人公のホラー作家はその真相を探るべく、ホテルの支配人の忠告を聞かずに

      その部屋に宿泊しますが、じわじわと得体の知れない恐怖に飲み込まれて行きます。

      彼もまた自殺の運命をたどってしまうのでしょうか? 



      こういう映画は「なんで?どうして?」は禁物なのね。

      得体の知れない怖さが全編に漂っています。

      少しサイレントヒルの世界に似た感覚がありました。。。

      ジョン・キューザックのキレた演技ににんまり、、、、ウインク


      スティーブン・キングの原作を読みたくなりました。ラブ